全日本飲食店協会とは

Home>全日本飲食店協会とは
全日本飲食店協会とは 2018-04-10T15:11:55+00:00

全日本飲食店協会は、個人飲食店オーナーによる個人飲食店オーナーのための協会です。

日本全国から個人飲食店のオーナーが集まり、飲食業界の課題を解決していくため活動しています。

飲食業界は様々な問題を抱えています。
例えば、求人、ドタキャン、顧客の管理などです。

これまでは飲食店オーナー自身その問題に気づいていながら、どう対策して良いか分からず苦しんでいました。

個人飲食店オーナーは孤独で、問題に直面しても相談できる人もいないのです。

その現状を打破するため全日本飲食店協会では、「社会貢献」「業界発展」「経営支援」の3本の柱を掲げ活動しています。

個人飲食店オーナーの悩みを一つでも多く解決するため、日々様々な活動を行っています。

ぜひこの協会で飲食店オーナーの仲間を作ってください。

一緒に飲食業界を発展させていきましょう!

理念

全日本飲食店協会は「100年後の子供たちの未来を創る」ことをビジョンに掲げ、日々活動しています。

今の子供は、大人になる事に夢を持つことができていません。

これは大人が楽しそうに仕事をしていない事が大きな原因となっています。

そこで全日本飲食店協会では「かっこいいコック」を増やし、子供に大人への憧れを抱いてもらう活動を行っています。

大人になる事への希望を与え、「早く大人になってコックになりたい」と思う子供が一人でも増えて欲しいのです。

また子供が夢を持つには、業界全体のイメージも重要だと考えます。

残念ながら、現在の飲食業界は社会的地位が低いと感じています。

今後、子供が夢を持てる業界にしていくためにも、飲食業界の社会的地位の向上にも力を入れていきます。

理事長からの挨拶


理事長:関良祐 / 洋食グリル天平(兵庫県姫路市)

料理が大好きでその料理で人を笑顔にできることに魅了された個人飲食店経営者。
大手チェーン店では満たすことができないお客様の心をつかんで離さない個人飲食店。

人は食事をすることを通して数多くのことが満たされます。

しかし、業界全体を見渡すと新卒者の多くが就職先に外食産業を選ばない現実があります。
飲食業界全体の地位の向上が必要不可欠なのです。

正直なところ、こんなに素晴らしい仕事なのに・・・と残念な気持ちでいっぱいです。
ですが「大きくなったらコックさんになりたい!」 と子供達が憧れる業界にするために同じ志を持った仲間が集まりました。

地域での社会貢献など個人ではできることに限界を感じたり忙しい毎日に足を引っ張られ行動できないこともありますが
仲間と一緒に協力すれば私たちの子供の世代、そして孫の世代にまでバトンを送ることができるのではないか・・・

という思いからこの協会を立ち上げました。